白玉生八橋風
白玉粉と上新粉を使用して、もっちりと食べやすい食感に。きな粉とシナモンの香りがよい生八橋風です。
こちらの商品を使用しました
こちらの商品を使用しました

材料(9個分)

分量
  • 白玉粉
    50g
  • 上新粉
    50g
  • 砂糖
    30g
  • 120cc
分量
  • 粒あん
    90g
  • きな粉
    適量
  • シナモンパウダー
    適量
作り方
  1. 粒あんは9等分にして、丸めて軽くつぶしておく。
  2. 深めの耐熱ボウルに白玉粉、上新粉、砂糖を入れ、水を少しずつ加えながら白玉粉の粒が溶けるまでよく混ぜる。
  3. ふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で2分加熱する。一度足りだし、水で濡らした木ベラでよく混ぜる。
    再度ラップをし、電子レンジで1分加熱する。取り出したら木ベラでよく練り、生地全体に粉っぽさがなくなり、透明感があればOK。
    加熱が足りない場合は、30秒加熱→混ぜるを繰り返して調整する。
  4. バットやトレイにきな粉を広げ、その上へ3の生地を取り出し、生地の表面にも薄くきな粉を振る。
    粗熱がとれたら麺棒で正方形に生地を伸ばし、9等分にカットする。
    ※生地が大変熱くなっていますので、やけどにご注意ください。
  5. 生地に1の餡をのせ、三角に折りはさむ。
    きな粉とシナモンを混ぜ合わせ、上から振り掛けたら出来上がり。