いきなり団子
熊本の郷土菓子であるいきなり団子は、小麦粉の生地で芋と餡を包んで蒸した、見た目は大福のような菓子です。 もちもちの生地とほくほくのお芋が、素朴な味わいながらやみつきになる美味しさです。

材料(12個分)

分量
  • 白玉粉
    250g
  • 小麦粉
    150g
  • 300cc
  • さつまいも
    2本
分量
  • 小さじ2
  • 砂糖
    大さじ1
  • 練あん
    300g
作り方
  1. さつまいもを洗って皮を剥き、2センチくらいの厚さの輪切りにし、水につけて灰汁抜きをする。
  2. ボウルに白玉粉、小麦粉、塩、砂糖を入れ、水を少しずつ加えながら、耳たぶくらいのやわらかさを目安によくこねる。
    ※水はすべて使わない場合もございます。
  3. 灰汁抜きをしたさつまいもの水気をキッチンペーパーで取る。
    練あんを等分に分け、さつまいもの上に餡をのせ、表面は平らにならす。
  4. 2の生地を等分に分けたら、生地を丸くのばし、餡の方から覆うように包む。
  5. 蒸気の上がった蒸し器に、クッキングシートを敷き、その上に包んだ4を並べ、フタをして約25分ほど蒸す。
  6. 爪楊枝などで中心を刺して、スッと入れば火を止める。粗熱が取れるまでフタを閉めたままにしておく。
  7. 団子同士がくっつきやすいので、粗熱のとれた団子を1個ずつラップに包んだら出来上がり。
ワンポイントアドバイス
・生地に加える塩はお好みで少し多めに入れると、餡や芋の甘みが引き立ちます。お好みでお試しください。