山椒香る朝鮮飴風
熊本の伝統菓子である“朝鮮飴”風に仕上げました。山椒の芽で香り付けをし、味も見た目も上品な一品です。
こちらの商品を使用しました

材料(16個分)

分量
  • 白玉粉
    50g
  • 80cc
  • 三温糖(砂糖)
    100g
  • 水飴
    10g
分量
  • 片栗粉
    適量
  • 山椒の芽
    16枚
作り方
  1. 耐熱ボウルに白玉粉、三温糖をいれ、水を少しずつ加えながら、白玉粉の粒がなくなるまでよく溶かし混ぜる。
  2. 1のボウルにふんわりとラップをして、電子レンジ(600W)で1分30秒加熱する。
    取り出し、水で濡らした木ベラで混ぜたら、水飴を加えさらによく混ぜる。
    再度ラップをして電子レンジで1分30秒加熱する。取り出して木ベラでよく練り、粘りとコシを出す。
    生地全体に粉っぽさがなくなり、ツヤと透明感があればOK。
    加熱が足りない場合は、ラップをして30秒加熱→取り出して混ぜるを繰り返して調整する。
  3. バットの上に片栗粉を振るいながら敷き、その上に2の生地を取り上げる。
    表面にも片栗粉を薄く振るいかけ、麺棒で長方形に成型し、粗熱がとれるまで置いておく。
  4. 触れれるくらいに熱がとれたら、生地を4×4に切り分け、全部で16等分にする。
    片栗粉を落として、1個ずつ形良く成形したら、水でさっと洗った山椒の芽をのせる。
  5. 弱火に熱したフライパンにキッチンペーパーで薄く油を引き、4を並べる。
    焼き色がつかないように、すぐ返し両面をうっすらと焼いたら出来上がり。